④もし、1、2、3、の保険に入りたいなら

もしあなたが、今まで紹介してきた保険に入りたいのなら、

共済への加入が必要になります。

 

共済とは、組合に加入すれば誰でも入れる保険です。

 

都民共済は東京都民しか入れません。

 

共済は組合に入れば誰でも入ることができます。

 

 

そしてこの共済の保険料が劇的に安いのにはわけがあります。

 

①膨大な広告費、宣伝費を使用していない。

⇒あなたの保険はTVCMやってませんか?1本いくらかかっていますか?その費用はあなたの保険料に上乗せされています。

 

②人件費を徹底的にカットしている

⇒あなたの保険は、営業担当の人が売っていませんか?その人の給料はどこから来ているのでしょう。全国に何人いるでしょう。それはあなたの保険料からまかなわれています。

 

③自社ビルを所有していない

⇒あなたの保険は全国の駅前に自社ビルを構えていませんか?

そのビルの費用はどこから来ているのか。あなたの保険料からです。

 

こうして徹底的なコストカットを計り、保険料を安くし、利用者に最大限に還元されるように設計されたのが、

今まで紹介してきた、なごみ共済の医療保険、さわやか労働組合の損害保険、自動車保険です。

 

月々の保険料を安くしたいなら、ぜひおすすめしたい内容です。

 

月に1万円安くなったら、年間で24万円。

あと30年生きるとして、740万円。

40年生きるのであれば、960万円。

 

徹底的に節約してみませんか?

 

もし、これらの共済に入りたいのであれば

労働組合に加入する必要があります。

 

そして、代理店登録をする必要があります。(登録料1万円)

 

代理店登録をすれば、販売できるようになります。

もちろん、代理店登録だけして、1万円を払い、740万の節約になるのなら、登録するだけでいいのです。

 

<詳しい代理店登録、共済加入についてのお問い合わせは>

<お問い合わせはこちらから>

<LINE>http://line.me/ti/p/ptgVtf0h1s 
<メール>teamzero1project@gmail.com

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP